更年期のイライラの原因と他に起こりうる症状とは??|枚方の整体鍼灸院が解説

2018年9月4日更新

ある程度、人生を重ねると人の体には不調が出てくるものです。
そのなかでも、40代から50代の女性に多いのが更年期障害です。
更年期にはさまざまな症状がおこり、症状の重さも人それぞれであるため、女性同士でさえも分かり合えないことがあるとされています。

そこで今回は、更年期の原因や症状、改善方法に関してご紹介していきます。

目次
1. 更年期障害の原因
2. 更年期に起こりうる症状
3. 改善策

1. 更年期障害の原因

そもそも更年期とは、閉経をはさんだ前後約10年の期間をいいます。
40代になると約5%の女性に生理不順がみられるようになり、45歳を過ぎたあたりから、閉経する人に出始めます。
日本人女性の平均閉経年齢は50歳とされており、その前後約10年である45〜55歳あたりが更年期といいます。

更年期障害とは、閉経に伴って卵巣の働きが衰え、女性らしい身体づくりを促進するホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少し、今までエストロゲンによって正常な働きをしていた身体の機能がうまく働かなくなることによりでてくる不調のことをいいます。

エストロゲンの分泌が減少することによって、脳から卵巣に対して、エストロゲンをもっと分泌するよう信号を送ります。
しかし、信号が送られた際に周囲の脳にまで不要な興奮を起こさせてしまい、自律神経の調節がうまくいかなくなります。

自律神経とは、人が健康であり続けるために身体の機能をコントロールし、24時間働いている神経です。
自律神経には、日中に活発に働く交感神経と、夜の身体を休める時間帯に活発に働く副交感神経の2種類があります。
この2つの働きのバランスが崩れることが自律神経の乱れにつながり、自律神経によって正常に働いていた身体の機能に不調が生じます。

このように、エストロゲンの減少に身体がついていけず、神経の調節機能が乱れ、身体的にも心理的にも不調が起こりやすくなる状態になります。
こういったことは、日常の中で影響のない程度に多少は生じますが、日常生活に影響を及ぼすほどの症状を更年期障害とよびます。

2.更年期障害で起こりうる症状

エストロゲンの減少によって引き起こされる更年期障害にはさまざまな症状があります。
おもな症状について紹介していきます。

肩こり

更年期になると、首こりや肩こりになる方は多いようです。
更年期障害による自律神経の乱れにより、首や肩周辺の筋肉が緊張状態により硬くなり、血行不良になります。
特に、自律神経を調節する機能が首の後ろにあるため、自律神経の乱れは首や肩に影響が出やすいです。

*倦怠感

なんだか身体が疲れてだるい感じや、何もする気が起こらないというのは、更年期障害に起こりがちな症状の一つです。
通常、倦怠感というのは休息や睡眠を十分にとることで改善されることがほとんどです。
ただし、更年期障害に起こる倦怠感は、十分に休息をとっても改善されないという特徴があり、疲労やストレスが溜まりやすいです。

頭痛

日頃、頭痛が生じることはありますが、更年期になって悪化することがあります。
更年期に生じる頭痛は、脳血管が収縮することによって起こるとされています。
これもエストロゲンの減少が関係しています。
頭痛の場合は、更年期だと決めつけず一度病院で詳しく診てもらいましょう。

*のぼせ・ほてり

のぼせやほてりは、更年期障害の代表的な症状のひとつだとされています。
顔が急激にあつくなったり、汗が止まらなくなったりします。
これも、エストロゲンの減少によって自律神経が乱れ、血管の収縮や拡張のコントロールがうまくいかなくなることによって引き起こされます。

*イライラ

何気ないことでイライラしたり不安になったりなど感情の起伏が激しくなるのも、更年期障害に起こりうる症状の一つです。
エストロゲンなどのホルモンの変化と感情の起伏は大いに関係しています。

*動悸や息切れ

激しい運動をしたわけでもないのに、急激に心臓がドキドキしたり、息切れが生じるのは、自律神経の乱れによるものです。これらは、更年期障害の治療をして治らない場合、循環器系や呼吸器系での検査が必要です。

3.改善策

更年期障害による症状のほとんどは、自律神経の乱れによるものなので自律神経を整えることが改善策の一つとなります。

そのためには、まず生活習慣を見直しましょう。睡眠を十分にとり、バランスの良い食事をとり、適度な運動をすることが大切です。運動はウォーキングなどでも構いません。

また、自律神経が乱れる要因の一つにストレスがあるため、ストレスを溜め込まないようにうまくケアすることが大切です。
心地よい音楽を聴いたり、アロマで香りを楽しんだりなどリラックスできる方法を見つけましょう。

このように自身で改善することは大切ですが、一度はプロに診てもらう必要があります。

はらべ鍼灸整体院では、あなたの症状に合わせた施術をおこないます。
更年期障害かもしれないという方は一度、お気軽にお越しください。

=============
今回は更年期障害についてのお話でした。
枚方市で肩こりでお悩みの方は下記ページもご覧ください。

「肩こり」詳細ページ

****************************************************
(社)交通事故医療情報協会認定院  枚方市 はらべ鍼灸整体院
<診療時間>
月・火・水・金 8:30~12:00 15:00~19:00
土 8:30~15:00
電話番号:072-846-7577 (予約優先制)
住所:〒573-0051 枚方市三矢町3-24-1F 枚方市駅から徒歩7分
公式HP:枚方市で整体なら『はらべ鍼灸整体院』へ
=============、

はらべ鍼灸整体院072-846-7577

受付時間平日 午前8:30〜午前12:00 / 午後3:00〜午後7:00 / 土曜 午前8:30〜午後2:00休診日日曜日・祝日