自律神経が乱れるメカニズムとその対処法は? 枚方の鍼灸治療院が解説

2018年8月21日更新

自律神経の乱れが心身に悪影響を与えるという話を耳にしたことはありますか?
目に見えない神経の働き程度で起こる変化など大したことないと侮ってしまうと、様々な症状が発生し大変なことになってしまいます。

そこで今回は、自律神経がなぜ乱れてしまうのか、その原因を探りながら、自律神経が体に与える様々な影響を見ていきましょう。

1. 自律神経はなぜ乱れるのか
2. 自律神経の乱れが与える悪影響
3. 自律神経の乱れを未然に防ぐには

1. 自律神経はなぜ乱れるのか

自律神経が乱れる原因について説明する前にまずは、自律神経が乱れているとは一体どのような状態なのかをご説明します。

自律神経には大きく分けて「交感神経」と「副交感神経」の2種類に分類することができます。
交感神経は主に活発に活動を行っているとき、副交感神経は主に睡眠や休息中などリラックスした状態のときに働く神経です。

正常なバランスを保っている場合、この2つの神経はバランスよく作用し、体を活動と休養との状態に切り替える働きを行うのですが、自律神経が乱れると、交感神経が常に優位となってしまい、副交感神経が十分に作用しなくなることで体力の回復が追い付かず、様々な不調を引き起こしてしまうのです。

こうした自律神経の乱れは主に肉体的、精神的なストレスによってもたらされます。
不規則な生活リズムや偏った食生活、また、仕事や育児などによる過度なストレスなど原因は様々です。
また、自分の感情を押さえつけ、表に出すことができない人は、自律神経を乱しやすい傾向にあります。

ストレスが溜まって体に不調をきたし、それが原因でさらにストレスが溜まって自律神経の乱れがさらに悪化してしまう可能性もあります。
体が常に興奮状態で落ち着かない、ストレスが溜まって体の調子が悪いと感じたら早めに神経のバランスを正常に戻すよう心がけましょう。

2. 自律神経の乱れが与える悪影響

自律神経の乱れは体に様々な悪影響を与えます。
主な症状として慢性的な頭痛めまい、吐き気、耳鳴り、悪化するとうつ状態にまで陥ることがあります。
これらすべての原因もやはり交感神経の優位が異常なまでに続くことです。

交感神経が優位な状態では、血管や筋肉は縮んでしまいます。
よって脳や三半規管、蝸牛に供給される血液量が減少し各器官が酸素、栄養不足になる可能性が高いです。
これによって各器官が正常に働かなくなってしまい、様々な不調がもたらされてしまいます。

これらの症状が長く続くことにより精神状態が悪化、最悪の場合うつ病につながってしまう可能性もあります。
また、これらの症状は慢性的に起こるため、楽になろうと日々の投薬量も自然と多くなってしまいます。

そうすると段々と薬が効かなくなってしまい、投薬量がさらに増加します。
それによって投薬が原因の新たな頭痛が引き起こされるなど、二次的な被害も起こりうるのです。
精神の乱れだと甘く見て症状を放置しておくと、後々取り返しのつかないことになってしまうかもしれないのです。

3. 自律神経の乱れを未然に防ぐには

恐ろしい症状をいくつも引き起こす自律神経の乱れ。
では、この乱れはどのようにすれば防ぐことができるのでしょうか。

最も重要なのはストレスをため込まぬよう、十分な休養と規則正しい生活を送ることです。
過度なストレスは体を興奮状態にするためどうしても交感神経が優位な状況を作り出してしまいます。
ストレス対策をしっかりと行うことが自律神経の乱れを防ぐ第一歩なのです。

また、それとは逆に、副交感神経の働きを活発にする取り組みも効果が見込めます。
食事はよく噛んで食べる、お風呂はぬるめのお湯に長く浸かる、寝る直前にスマホやテレビの強い光を浴びないなど、些細な工夫で大きな改善が見込めます。
今一度、自分の生活スタイルを見直して、自律神経のバランスを壊してしまう習慣がないかを洗い出してみましょう。

また、乱れた神経を治すのに投薬以外の治療法を用いるのも効果的です。
整体治療や鍼灸治療など、患部に直接作用させる治療ではなく、血液循環やリンパの流れなど体質の改善を促し、症状を根本的に解決する東洋医学に基づいた治療は、神経の乱れによって引き起こされた病状の治療に対して大変効果的です。
即効性こそないものの、じっくりと焦らず治療することで、確実な成果が生まれることでしょう。

自律神経のバランスには、日々の暮らしの習慣が大きく関係しています。
現れた病状だけに対処するのではなく、バランスが乱れた根本的な原因を把握し、それに対した適切な治療や生活習慣の改善を行いましょう。

今回は自律神経の乱れについてのお話でした。
枚方市で自律神経の乱れでお悩みの方は下記ページもご覧ください。

「自律神経失調症」詳細ページ

****************************************************
(社)交通事故医療情報協会認定院  枚方市 はらべ鍼灸整体院
<診療時間>
月・火・水・金 8:30~12:00 15:00~19:00
土 8:30~15:00
電話番号:072-846-7577 (予約優先制)
住所:〒573-0051 枚方市三矢町3-24-1F 枚方市駅から徒歩7分
公式HP:枚方市で整体なら『はらべ鍼灸整体院』へ

はらべ鍼灸整体院072-846-7577

受付時間平日 午前8:30〜午前12:00 / 午後3:00〜午後7:00 / 土曜 午前8:30〜午後2:00休診日日曜日・祝日